落ち込む話

 

出来ると思っていたことが、ふとした瞬間に出来なくなる、あの焦りを伴う悔しさが、とっても嫌だ。

 

受験勉強は、今出来てることはいつでも出来ると見なして進んでいくから、それが起こるともう、何をどうしていいのか分からなくなる。

先生に訊ねても、「分からなくなったのが当日でなくて良かったじゃないか」としか言われない。それって、当日も起こり得るって言ってんのと一緒じゃない?  不安でしかないんですけど。焦らせないでよ。

先生が私をポジティブ思考に持っていくためにそう言っていると分かっていても、どうしても心の中で反論してしまう。そんな自分も嫌で、自己嫌悪が止まらなくなるので、本当にやめてほしい。

じゃあどう言ったら満足するの?と言われても、うまい返事は思いつかないけど。

 

どうしてこんなことが出来ないの、前は出来たのに。馬鹿なんじゃないの?勉強しても意味無いんじゃないの?

…無意味だとわかっていても、頭の中は止まらない。そんな頭で考えても身につくわけないのに、答えにたどり着くまで焦る。焦ってまた間違えて。悪循環この上ない。

 

間違えてもいいんだと、心の底から思えたら、多分こんなに焦らないだろうとは思う。けど、そうは到底思えない。自分は今までクラスで上位4分の1には常に入っていて、学年でも何度か一位をとっていて、校内では賢いほうだと、自負しているから。醜いけれど、本当の気持ちはこれだ。私よりも下の子を見下してきた。優越感を得るための材料にしてきた。そんな卑劣な私だから、焦るのかもしれないが、残念ながら今更過去は変えられないので、焦るのも止められない。

 

 頭で分かっていても、気持ちがついていかないんだろう。もう対処法を考えることも放棄しつつあるくらい、最近焦ってばかり。考えれば考えるだけ疲れて、そのせいで焦るなら、もう何も考えたくないと思うのは普通だと思う。

けれど考えなければ問題は解けない、まだ問題を見ただけで手が動くほどの境地には至ってない。

進むには残念ながら、考えるほかないのだ。 

 

こうして文章にまとめて見ると、少しだけスッキリして、勉強でもしてみるかな、という気になる。人生に1年くらい、勉強が嫌になるほど勉強するのもありだとは思うし。

 

ブログ始めてよかったな〜。楽しいことも書きたいのに、当分は暗いのでちょっと残念だけど、まずは毎日生きますか~。

 

今日はお風呂で久々にユーミンの曲でも歌いますかね!