今日は何を歌う

日記のようなもの。

失恋した話

 

前々から書こう書きます書く〜なんて言ってた話をひとつ。失恋の話です。というかこれは恋だったのかしらという話。

以前から「あの子」として度々このブログでもフィクションを織り交ぜながら恋の話をしていましたが。

なんと。

彼氏が出来たそうですフゥーーーッ!

 

彼女は現役で合格していたので私より一年ほど先に大学生活を送っていたわけですが、その中で出会った子と付き合いだしたそう。

おしゃべりしようと久々にランチに行ったらこの仕打ちですよ。泣かずに話し続けた私を褒めて欲しかったです。実際は心のうちで何かがどんどん崩れていくのを感じながら、必死に親友の幸せを喜ぶ演技をしていました。我ながら健気すぎる。
そもそも、待ち合わせに現れた時点からそんな気はしていたんです。だってあまりにも変化していたから。何かあったなこれはって、さすがに誰でも察するレベルの変化でした。それに逐一ちょうど気づいたフリしては話の種にして、彼女の声を沢山聞いて、それはもう楽しかったのに。なんでかなー。

でも、私にそれ以外の道は無かったとも思うんです。この気持ちを口にしなかった時点で、私は進展を望んだわけではなかったんですもの。ただひっそり、片思いを楽しんでいただけです。言い訳がましいですけどね。

 

まあそんなこと考えながら話して、後半ほとんど楽しめなくてあんまりだったんですけど、しばらくしてから帰りました。

帰る道すがら電車の中で放心しているようでいて、脳裏ではチラチラと失恋を否定するような文言ばかりが浮かびました。線香花火みたいに弾けては散っていく言葉たち。その中身は全部同じ、そもそも恋ではなかったのではないか、というだけのもの。

そもそも恋ではなかったならば、失恋でもなく、悲しむ必要も無いという。そういう言い訳に言い訳を重ねたような脆い塊が、形を成しては崩れていく。そんな感じでした。

 

そのあと何日かは本当に何もかもが不鮮明になって、そのことを認めたくなくて二次元に走ろうとしました。無理でした。

一度泣いてみようとした時、一滴も涙が出てこなくて困りました。

失恋を何とか受け入れようとした結果の行動だったので、まさか泣けないとは思わなかったんです。悲しすぎて泣けないのかと思ったけど、そんなに悲しんでないのかなとも考えられて、なんだか自分で自分が分からなくなってしまってた。

彼女が結婚したら泣くのかな、なんて考えたりはしたけど確証はなく。

ただ彼女が死んだら悲しいし泣くだろうと。縁起でもないことばかりが想起されて。

 

それ以降、彼女とは連絡をとってません。会っても楽しめる気がしないから。

あまりに自分勝手な気もするんですけど、向こうに誘われるのを待てばいいかなって感じです。

 

そんなこんなで失恋の話、これにておしまい!

 

としたかったのですが。

ワタクシ、さらに再び失恋をしておりまして。

思い返すと、こんな短期間に2回も失恋する?って笑けてくるんですけど、実際したんですね。

 

相手はサークルの先輩、男の人なんですけど。

チーム分けで一緒になって、がんばろーって感じで色々教えて貰ってて。技術もあるしやさしいし、憧れも混ざってたと思います。輝いて見えちゃって。

だからサークルのある日は頑張ってオシャレして行ってたんです。

でもね。

ある日。サークル内でカップルの話になって。

同回の子たちと「あの先輩とあの先輩、付き合ってんの?」みたいな情報交換をしたんですよ。

そしたら!

片思いしてた先輩に!

彼女いた!!!!!!!

 

泣きはしなかったけど1日引き摺りました。

今でもサークル内で会うと傷が疼いて辛いです。これまでなら好きにならなかったようなタイプの顔で、だから恋に気づいけたんですけど、おかげで顔を見る度心が掻き乱される。まだ引き摺ってるなあ。

でも私の生活に1ヶ月くらい彩りを与えてくれたし、そのお陰で前の失恋も乗り越えられたし、良い恋だったのではと思いたい。です。

 

 

というわけで改めまして。

以上!私の失恋譚でした!!!!!!

 

読んでくださってありがとうございました!

5月が終わる話

 

前の記事から1ヶ月以上空いてしまった。

GW中とか土日とか、いつもそれなりに書く気はあったし書いていたけど、書ききれることがなくて。

でも流石に1ヶ月何もアップしないまま6月を迎えたくはなかったので今足掻いてます。

 

今日はサークルの飲み会でした。

私はアルコール一滴も摂取してませんけど、めっちゃ楽しかったです。

新歓が終わってから入ったので引け目があったんですけど、普通に皆さん優しかったし楽しく喋れました。わーい。

 

この1ヶ月は何かと事件もあったんですけど、今日が楽しかったんでだいたい全部いいやって気分です。それくらいハッピー。

強いていえば失恋したりなんかしました。あと人間関係、それも上回生関連で色々悩んでたりもしました。でも傷にやっとカサブタが出来たんでもう大丈夫。今思い出して書いてもいいんですけど、このいい気分がどこかへ行ってしまいそうなのでまた今度書きます。

ツイッターで呟くことはあるかもです。

 

はーー。

こんな時間まで外に出てるのは久々でちょっと怖い気もするんですけど、すごく気分がいい。

明日ものすごい不幸が降ってくるんじゃないかって気さえする。

人と楽しく話すことのかけがえなさを身に染みて感じましたわ。

 

帰り道もあと少し。

ちゃんと家に帰って、今日はよく寝ようと思います。

6月はちゃんと書きたいこと書き切るので、その時は見て貰えたら嬉しいです。

 

おやすみなさーい。

美しさの話

 

かわいい、という言葉はとても主観的だと思う。

愛らしいとか好みだとか、そういう形容の代用になっている時さえある。

それでも私は日々、かわいくなりたい、と口にする。

 

美しい、という言葉が客観的だとは思わない。

けれど何か普遍的な価値のように感じてしまうことも多い。

神々しいものや綺麗なものへの賞賛として使われることがあるせいなのかもしれない。

いつも、美しくなるのは難しいだろうなと思う。

 

 

未だ思春期から抜け出せていない気のする私は、承認欲求に苛まれまくっている。しかしその割に元気。大学に通うようになって気が塞ぐことも何度かあったけど、ちゃんと講義を真面目に受けているし休んでもいない。予備校時代を思い出すと、ありえないくらいの成長を遂げている気がする。

 

人に会うことへの恐怖もほとんど消えてきたので、友達とご飯に行ったりもしている。昨夜も高校の友達と会ってきた。

お互いほぼスッピンだっだのだけど、会話の内容はメイク関係にまで及んで「かわいくなりたいな」で終わった。

なぜ「美しくなりたい」ではなかったのか、言った時の自分を思い出そうとするけれど、上手く言葉にできない。

 

このことに関する文章を国語のテストで読んだ気がする。

うまく思い出せないけど。

 

またちゃんと文章にしたい。

 

 

とりあえず今日も、いってきまーす。

 

 

1年の話

 

4月になりましたね。

大阪は全然暖かくなりません。桜は咲いています。庭の水仙が綺麗です。

 

1年早いな〜と感慨深いです。去年の今頃には、こんなふうになるとは思ってなかったし、意外とハッピーにやってけるってことを教えてあげたいくらいです。


書きたい内容とか、整理したいこととか沢山あって、でもそれらを一つ一つ丁寧に文章にする時間はまだ見つかりそうになくて。

とにかく生活に慣れていこうとしか考えてないので、また記事が出来てるの見つけたら読も〜くらいに考えて貰えたら嬉しいです。

いや何様やねん。

 

大学の入学式はまだなんですけど、ここ数日は説明会みたいなのに参加していました。履修とか生協とかの説明のやつ。

前日から服装を考えるのに必死で、寝る前に不安になったりしながらも、今のところはちゃんと参加出来てます。偉くない?

あと、メイクもちゃんとしてます。ていうかメイクにハマりつつあります。

肌が花粉で荒れ気味なので、労りつつ技術を上げて行きたいところです。

 

 

……ヤバイ、病んでたころの方が好きな文章かけてた気がする……。

今日は予定を変更して、家に一人でいるんですけど今昼下がりでもう、眠くて眠くてたまらないんです。

そんなタイミングで文章書くなって?

私もそう思う。

 

 

メイクの話に戻るんですけど、すごい世界ですね、メイクって。

漠然と、大学生になったらメイクするものっていう考えがあって、春休みの間にYouTubeとかTwitterとかInstagramとかを参考にしながら練習したりしなかったりして、現在に至りました。

幸いにも母や親戚には好評で、自分でも気に入ってるので楽しいです。

なんかこう、女性の義務?みたいに捕えられがちだけど、自分をよく魅せる技術でもあるわけで。

元の性格の男っぽさとか、言動との釣り合わなさとかで、何となくカワイイことをするのに抵抗があったんですが、今のところ趣味になりかけてます。

 

ドラァグクイーンの方々のメイク動画を見るのが大好きで、その延長でしょうか、なんとなくガッツリメイクしてみたいなと思うこともあるんですけど。

 

当分は余裕がなさそうですね……。

 

いろんな人に会いたいし、いろんな体験もしたい、新しいことを学んで、新しい関係を結んで、何も分からない世界に飛び込んでいく。

こんなポジティブの塊みたいなこと、今しか出来ない気がするから、頑張りたいと思います!

 

早くも五月病の気配がするんですけどね!!



 

 

 

 

P.S.

最近、ツイッターでバズりがちな、vanessaさんっていうお姉さんの独り言動画と化粧ライブ見まくってる。

 

 

 

P.S.2

数字を半角にするか全角にするか迷ったけど、見た目的に半角が好きなので押し通しました。どっちのが見やすいんでしょうね……。

受かった話

 

いやもう全部題名で言うてしもてますやん、というやつ。

 

やったあ!!!

受かりました!!!!!!!!!!!!!!

ありがとう世界!!!!!!!

 

めちゃくちゃ嬉しいです。

大学生になれる、というよりやっと新しいことが学べる、という感じです。

 

調子乗って今日髪染めました。

 

初めてですよ。

ピンクブラウンにしたんですけど、日光に透かせてなくてピンクがわからんままです。

 

 

 

嬉し〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

これからめちゃくちゃ痩せてやりますよ!!!!

 

あ、フィットボクシング買いました!

Switchのソフトです!!!!

今やってたらもう筋肉痛です。

 

 

 

はあ〜〜〜〜〜

 

まとまった文章書こうとしてみたんですけどね。

 

もう何も書けません。ダメです。

 

人は嬉しくなると何も出来ない。

 

 

友達に沢山会おうと思います。

 

 

やったあ!!!!!!!!!!!

 

また書きます!!!!

試験問題とルーツの話

 

お久しぶりです、おはこんにちばんは。

国公立の結果はまだです。

私立はね……

 

全部落ちちゃったね……。

 

そんな訳で今現在絶賛奮闘中でして。私立後期を受けています。我ながら恵まれてるな〜と思います。体と心は疲労MAXですけどね。

 

さて今日も試験を受けたのですけど、科目は基本英語が必須でして、当然まとまった文章を読むのですが。

今日のホント、私のルーツ、というか父の悪行がよく分かる文章だったんです。

生理前なのもあるかもなんですが、試験中めっちゃ落ち込む羽目になったので、ヤケになってここにその仔細を綴ることにしました。

 

さて本文での話題は、想像力(Imagination)と子供の教育について。

知識よりも想像力を育てよ、みたいなことをアインシュタインが言ったとか言わないとか。とにかく、いつものよくある過去の偉人の発言や故事成語を証拠にあげながら、要は「想像力を育てたらすごい子に育つよ!」的な感じでした。

そこで、想像力を育てる方法についての部分で、子供と一緒に物語を作ってみたり、芸術的なこと(例えば絵や音楽)を自由にさせてみたり、という当たり前のことが上げられていまして。

まあいつもならスルーできたんですが。

今日は何故か過去を強く思い出してしまいました……。

 

 

 

実は、今からもう10年くらい前の話なのですが、絵のコンクールで相当良い賞を貰ったことがあります。小学生を対象にしたものでした。

決められたいくつかの中から題材を選び、それを描くだけ。

夏休みの宿題でした。

 

でも私ってばその頃から面倒くさがりだったので、夏休みの宿題なぞする訳もなく。

心配した母が、父に一緒にやってあげて、と言ったのだろうと思います。

 

そこからが地獄でした。

夜、父が仕事から帰ってから一緒に絵を描きます。

まず題材を決めるところからですが、正直どれも楽しそうでなくて何もやりたくなかったのを覚えています。

でもやらねばなりません。(今思えばやらなくていいんですけどね)

父のパソコンのスクリーンに映し出されたいくつかの写真の中から、渋々ひとつを選びました。

その時の私は事の展開を理解していませんでした。写真選んでどうするの?と。

 

鉛筆でこれを描く。

 

はあ?と思いました。嫌でした。描きたくなかったです。

休日だったか、夜中だったか。

「そこはそんなんじゃないやろ。」

書いては怒られ、消され、書き直す。

夜中までやりました。

幼い私には限界でした。

眠くてたまらず寝そうになっている私を、横で叱咤する父。

母は妹の世話で精一杯で、こちらには気づいていなかったと思います。

とても嫌だったことだけを覚えている。

 

確か残りの日にちも少なかったから、夜までやっていた気もします。

無理やり数日で完成させた絵を、誇らしげに見ている父を覚えています。

 

今考えると、本当に私よくあの時暴れなかったなと思うのですけど。怒られる方が怖くて、怯えてやっていたような気がします。

 

まあそんな、ほとんど父が描いたような絵を学校に出しに行って、しばらくして。

受賞して。

日曜が授賞式で潰れて。

次の日賞状を学校に持っていって。

朝礼でまた、みんなの前で賞状を渡されて。

 

そのときは、なんとなく嬉しかったですけど。

それ以来、やっぱり正しくないことはしてはいけないと思うようになったし。

今もそれは続いています。

 

時代がそうしたのか、父の生まれた環境がそうだったのか、何が因果かわからないけれど。

そんなことを考えながら試験問題を解きました。

こんなので受かる気がしませんけど(笑)

こういう過去も己のルーツであると受け入れて生きていくのはしんどいな、とおもいながら、明日も受験しに行きます。

 

早く終わってほしいな。

 

生理の話

 

控えめに言っても激痛。

 

最近、というかここ1年ほど、生理痛がだんだんと痛みを増していました。

そんでもってココ最近、低気圧か寒さか、頭痛も発症し始めて。

 

そうなってやっと頭痛薬を服用し始めたんです。

 

 

効くねぇ……。

いや人智の結晶だから効かない方がやばいんですけど。

今まで何故か薬の服用を避けていた自分にとっては革命的でした。

みんなこうして薬を上手く活用しながら生きてるんだな、という感動とともに、いまはゆっくりしています。

 

すごいな薬。

でも薬がなくても痛くないのが普通だったので、個人的には悲しいですね。女性ホルモンの量が増えたのかな、と思っています。

まあでも、正直なところ、受験終わるまで待ってほしかったですね。

 

そういえば。

私立の受験を終えたので、あとは国公立の勉強だけです。

志望校は結局、東大とは似ても似つかぬ所になりましたが、A判定が出ている所なので安心して望めるかな、って感じです。

 

本心をいえば、受験勉強をやめたい一心なのと、やりたいことが見つかったので、己の体と向き合いつつ考えると腑に落ちる選択かなって感じです。

去年受けてれば合格していた気もするのですが、それはそれ。

去年玉砕していなければ、今この選択ができなかった気もするし、この1年で見つけられたことは沢山あるし、悪くなかったのかな、と思いたいです。

そりゃ色々嫌なこともありましたけど。

 

 

2月25日が前期試験の日なので、もし良かったら思い出してくれると嬉しいです。

 

 

 

今日のうた 米津玄師『flamingo