今日は何を歌う

日記のようなもの。

受かった話

 

いやもう全部題名で言うてしもてますやん、というやつ。

 

やったあ!!!

受かりました!!!!!!!!!!!!!!

ありがとう世界!!!!!!!

 

めちゃくちゃ嬉しいです。

大学生になれる、というよりやっと新しいことが学べる、という感じです。

 

調子乗って今日髪染めました。

 

初めてですよ。

ピンクブラウンにしたんですけど、日光に透かせてなくてピンクがわからんままです。

 

 

 

嬉し〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

これからめちゃくちゃ痩せてやりますよ!!!!

 

あ、フィットボクシング買いました!

Switchのソフトです!!!!

今やってたらもう筋肉痛です。

 

 

 

はあ〜〜〜〜〜

 

まとまった文章書こうとしてみたんですけどね。

 

もう何も書けません。ダメです。

 

人は嬉しくなると何も出来ない。

 

 

友達に沢山会おうと思います。

 

 

やったあ!!!!!!!!!!!

 

また書きます!!!!

試験問題とルーツの話

 

お久しぶりです、おはこんにちばんは。

国公立の結果はまだです。

私立はね……

 

全部落ちちゃったね……。

 

そんな訳で今現在絶賛奮闘中でして。私立後期を受けています。我ながら恵まれてるな〜と思います。体と心は疲労MAXですけどね。

 

さて今日も試験を受けたのですけど、科目は基本英語が必須でして、当然まとまった文章を読むのですが。

今日のホント、私のルーツ、というか父の悪行がよく分かる文章だったんです。

生理前なのもあるかもなんですが、試験中めっちゃ落ち込む羽目になったので、ヤケになってここにその仔細を綴ることにしました。

 

さて本文での話題は、想像力(Imagination)と子供の教育について。

知識よりも想像力を育てよ、みたいなことをアインシュタインが言ったとか言わないとか。とにかく、いつものよくある過去の偉人の発言や故事成語を証拠にあげながら、要は「想像力を育てたらすごい子に育つよ!」的な感じでした。

そこで、想像力を育てる方法についての部分で、子供と一緒に物語を作ってみたり、芸術的なこと(例えば絵や音楽)を自由にさせてみたり、という当たり前のことが上げられていまして。

まあいつもならスルーできたんですが。

今日は何故か過去を強く思い出してしまいました……。

 

 

 

実は、今からもう10年くらい前の話なのですが、絵のコンクールで相当良い賞を貰ったことがあります。小学生を対象にしたものでした。

決められたいくつかの中から題材を選び、それを描くだけ。

夏休みの宿題でした。

 

でも私ってばその頃から面倒くさがりだったので、夏休みの宿題なぞする訳もなく。

心配した母が、父に一緒にやってあげて、と言ったのだろうと思います。

 

そこからが地獄でした。

夜、父が仕事から帰ってから一緒に絵を描きます。

まず題材を決めるところからですが、正直どれも楽しそうでなくて何もやりたくなかったのを覚えています。

でもやらねばなりません。(今思えばやらなくていいんですけどね)

父のパソコンのスクリーンに映し出されたいくつかの写真の中から、渋々ひとつを選びました。

その時の私は事の展開を理解していませんでした。写真選んでどうするの?と。

 

鉛筆でこれを描く。

 

はあ?と思いました。嫌でした。描きたくなかったです。

休日だったか、夜中だったか。

「そこはそんなんじゃないやろ。」

書いては怒られ、消され、書き直す。

夜中までやりました。

幼い私には限界でした。

眠くてたまらず寝そうになっている私を、横で叱咤する父。

母は妹の世話で精一杯で、こちらには気づいていなかったと思います。

とても嫌だったことだけを覚えている。

 

確か残りの日にちも少なかったから、夜までやっていた気もします。

無理やり数日で完成させた絵を、誇らしげに見ている父を覚えています。

 

今考えると、本当に私よくあの時暴れなかったなと思うのですけど。怒られる方が怖くて、怯えてやっていたような気がします。

 

まあそんな、ほとんど父が描いたような絵を学校に出しに行って、しばらくして。

受賞して。

日曜が授賞式で潰れて。

次の日賞状を学校に持っていって。

朝礼でまた、みんなの前で賞状を渡されて。

 

そのときは、なんとなく嬉しかったですけど。

それ以来、やっぱり正しくないことはしてはいけないと思うようになったし。

今もそれは続いています。

 

時代がそうしたのか、父の生まれた環境がそうだったのか、何が因果かわからないけれど。

そんなことを考えながら試験問題を解きました。

こんなので受かる気がしませんけど(笑)

こういう過去も己のルーツであると受け入れて生きていくのはしんどいな、とおもいながら、明日も受験しに行きます。

 

早く終わってほしいな。

 

生理の話

 

控えめに言っても激痛。

 

最近、というかここ1年ほど、生理痛がだんだんと痛みを増していました。

そんでもってココ最近、低気圧か寒さか、頭痛も発症し始めて。

 

そうなってやっと頭痛薬を服用し始めたんです。

 

 

効くねぇ……。

いや人智の結晶だから効かない方がやばいんですけど。

今まで何故か薬の服用を避けていた自分にとっては革命的でした。

みんなこうして薬を上手く活用しながら生きてるんだな、という感動とともに、いまはゆっくりしています。

 

すごいな薬。

でも薬がなくても痛くないのが普通だったので、個人的には悲しいですね。女性ホルモンの量が増えたのかな、と思っています。

まあでも、正直なところ、受験終わるまで待ってほしかったですね。

 

そういえば。

私立の受験を終えたので、あとは国公立の勉強だけです。

志望校は結局、東大とは似ても似つかぬ所になりましたが、A判定が出ている所なので安心して望めるかな、って感じです。

 

本心をいえば、受験勉強をやめたい一心なのと、やりたいことが見つかったので、己の体と向き合いつつ考えると腑に落ちる選択かなって感じです。

去年受けてれば合格していた気もするのですが、それはそれ。

去年玉砕していなければ、今この選択ができなかった気もするし、この1年で見つけられたことは沢山あるし、悪くなかったのかな、と思いたいです。

そりゃ色々嫌なこともありましたけど。

 

 

2月25日が前期試験の日なので、もし良かったら思い出してくれると嬉しいです。

 

 

 

今日のうた 米津玄師『flamingo

明けた話

 

年が明けましたね〜、まだギリギリいけるってことにしてください。あけましておめでとうございま〜す!!

 

いや〜〜気づいたら前の話から2ヶ月経ってて超びっくり。そんなにか。

しかも電車で泣いた話で終わってて2度びっくり。そんなこともあったな〜てくらい過去です。

 

文面からもわかって頂けるかもしれないけど、今とっても前向き?です。?が付くのは、身体がものすごく疲れてるから。気持ちはセンター試験に向いてて、微妙に緊張してるくらいです。昨年結構失敗したのでね。

 

年末年始は、まあ中々にキツかったんですが、予備校三昧だったのをちゃんとやり切れたので、いい感じでした。まさか授業ほとんど受けられてなかったのに、ちゃんと受けきれるなんて思ってなかったです。

明けてから今日までは、まあそれなりにって感じかな。生理と試験日が被らなかったのが、本当に運良かったなと思っています。

 

母校に必要書類を取りに行った時に、先生の前でめちゃくちゃ泣いたり、父親関連がめんどくさかったり、本当に色々書けることは沢山あるんですが、今思い出しながら書くと面倒なことになりそうなので割愛します。

また元気になったら書きますね。

 

寒すぎていくらでも寝てしまう日々ですが、オタ活しながら生き延びようと思います。

第一志望に受かる自信は全然無いけど、とにかくどこか行けるとこに引っかかればいいかな、くらいです。不安で何も手につかなくなるから、この位で留めます。

不安なら勉強すればいいっていう意見もあるんですけど、勉強する気力はもう無いので。明日の私に期待。

 

それでは皆さん良い日々をお過ごしくださいませ。

 

また書きます。

 

 

電車で泣いた話

 

今はスタバでゆっくりして、だんだん落ち着いてるんですけどね。

 

いや〜、良いことと悪いことは交互に来るってのは本当ですね。

週末にめっちゃいいことがあったのに今日とても不幸。

不幸中の幸いすらない。

別に家族が怪我したとか事故とかそんなんじゃないのでまだいいか。こう思える程度に回復するのに、やたら時間がかかりましたけど。

 

さて。

端的に言えば、寝坊して予定全部狂っただけです。よくある話。

でもこう、なんとなく落ち込みやすかったり回復しづらかったりする日なんでしょう。めっっっっちゃテンション下がっちゃって。

別にそれほど周囲への迷惑はかけてないと思うんですけど、それでも凹む。

めっっっっちゃ悲しい。

 

 

泣く度にブログ書いてるようなもんなので、ここには私が泣いた記録は沢山ございますが、久しぶりじゃないですか? この感じ。

だからなのか復活の術も失っててなかなか苦しい。

親に怒られるので出てきたけど、漫画とメモ帳持ってスタバでゆっくりしてるって知ったら余計怒られるよな……。

 

はあ。

 

恵まれた環境なんすけど、だから幸せ、とも言えない自分が情けない。

幸せは、多分見つけられるようになればそこらじゅうにあるもので、だから今の私は単純に“目が悪い”だけなんでしょう。

ただ、“目を良くする”って相当体力と気力がいるから、元気じゃないとできないし、自分の中の「認知の歪み」を矯正しないといけないし、今の私には到底不可能なわけですよ。

受験生だし。

 

 

 

あ〜〜〜勉強は好きだけどテスト勉強は嫌いだ〜〜。

人を蹴落すのも嫌い。

イヤイヤばっかです。

 

体力がほしい。やっぱ筋肉ですかね。

めっちゃ買い物した話

 

めっちゃ、って言うと誇張表現かもしれないんですけど、服を買いました。

オタクである私の、初めてのオフ会に向けて新調したい、という願いが叶い、お母さんが誕プレ代わりに色々買ってくれたんです。

が。

お母さんが、やたら買うんですよ。

 

皆さんは服をどれくらい買いますか?

普通とか一般的とかいう言葉では区切りにくい話ですよね。経済的な事情に直結する部分でもあるし、価値観の問題でもある。

友達と話してても服に求めるものが違いすぎて驚いたことがあるくらいです。

私は基本的に気に入ったものを数年単位で着続けるタイプで、着なくなったら捨てるようにしています。だから、あんまり買わないし服の数も多くない代わりに、パターンは少ないです。

 

そんななか、服を買うのが苦手な私へのご褒美か、アクセサリー2点と服4点をまとめ買いしてくれた母。

 

かっけーな、と思いました。

恵まれた家庭に生まれたな、とも。

 

母は今、単身赴任の父に代わって、家庭の一切をひとりで切り盛りしてくれています。

私も妹も弱っている今、母ももう限界だと思うのに、ご褒美をくれたり優しかったり。

本当に恵まれてるなって思います。

あと、これだけの余裕、私がもし家庭を持っても出せるかわからないから、とても尊敬しています。

 

 

なんだ、母の自慢になってますね。

 

まあそんな感じで、買ってもらったうちのひとつ、ニットワンピースを着てみています。

好きな服を着られる喜びって、本当に大きくて、幸せです。

 

ただ最近もう寒いので、上着は必要ですね。家帰ったら探そう。

 

 

 

あ、今日はちゃんと勉強しましたよ。明日もしよう。

胃痛に悶え苦しんだ話

 

昨晩なんですけど。

原因不明のえげつい胃痛に苦しみながら寝まして。

今朝は元気でした。外出はしてないけど。

 

今週は1度も予備校に行けてない代わりに、家を出ることを目標に過ごしていて、本屋行ったりスタバ行ったり、駅周辺うろうろしたりとアクティブな方。

体調も良くなく悪くなくって感じだったのに、夜ご飯食べた直後に胃痛が始まりました。

 

胃痛とか頭痛とか、女性には多いみたいなんですが、最近まで無縁で、なんなら生理痛とかもほぼなかったんです。

この1年で諸々の痛みが増してきて、やっと頭痛に悩む人の気持ちとかが分かるようになりました。

いいことなのか?

 

まあそんなわけで、昨晩の胃痛、実は過去最強の痛みだったんです。

 

お腹痛い、って言う時の痛みと種類が異なる感じで、ちょっと怖かったです。

 

暖かくしなきゃ、と漠然と思ったのでお風呂に入って即お布団へGO。

 

したのですが。

痛くて眠れませんでした。

 

そんでちょっとでも気を紛らわそうと、TwitterとかnoteとかLINEとか開いたんですが、全然紛れてくれなかったので、気の置けないLINEグループに凸ったところ。

3人も返事をくれて。

 

胃が痛くてさ〜と言う私にアドバイスをくれる友達、頼りがいがありすぎて最高でした。

右向いて横になって、お腹あっためたら楽になるよ〜といわれてからダラダラと2時間くらいおしゃべりして。

とっても楽しかったです。

受験終わったら沖縄行こ〜ぜって話になったり、服一緒に買いに行こ〜ってなったり。

 

合格しなくちゃな、と思いました。

がんばろ〜。

 

会話が唐突に終わっておやすみを言ってから、数分で眠れて、朝までぐっすり。

起きてから今日1日は痛みなく過ごせました。

原因不明なのが怖いんですが、ストレス性だとしか思えないのでまた来た時に病院に行くか〜って感じです。

 

みなさんもお体にはお気をつけくださいね。